京都市 四条烏丸徒歩3分の司法書士・行政書士事務所です。
会社設立、建設業許可、融資、資金調達、相続などの中小企業・事業者の役所手続を得意としています。
〒600-8095
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

初回相談無料 予約で土日・夜間も対応

  1. コラム
 

コラム

株式会社設立・相続などの登記や建設業許可・産業廃棄物収集運搬業・古物商などの許認可に関するお役立ち知識をご紹介します。

飲食店の法人化、会社設立

代表の谷口です。

 

法人の種類が決定したら、会社名(商号)や資本金等を決めなければなりません。

 

今回は資本金についてです。


多店舗展開を考えておられる場合、銀行からの融資を受けられるでしょうから、
審査の為に資本金は多いにこしたことはありません。

しかしながら、現金を集めるのは簡単ではないことも多いです。
このような場合、現物出資をお勧めしております。

資本「金」という名称のため、現金を用意しなければならないと思われがちですが、「物」も出資して資本「金」にすることが出来ます。

不動産、自動車、機械、パソコン、備品など、出資される方の所有物であれば特に制限はありません。

また、貸しているお金などの債権も出資出来ます。

 

但し、自動車でまだローンを支払っている場合、通常支払い終わるまでは所有者はローン会社などになっています。この場合はまだ所有者ではないので出資することができません。

 

自動車の場合は設立後に個人から会社への名義書換、保険の名義変更の手続きが必要となります。

場合によっては個人から法人に所有者が変わることによって、保険料が高くなることもありますので、自動車を出資される場合は、予め保険会社に確認しておいた方がよいでしょう。

 

不動産の場合も設立後に個人から会社への名義書換が必要になります。
また、担保がついた不動産の場合は色々と検討すべき事がありますので、ご相談下さい。

 

会社設立については、こちらをご覧ください。

飲食店の法人化の注意点については、こちらをご覧下さい。

まずは無料相談をご利用ください!

女性
  • こんな悩みあるんだけど・・・
  • ウチの場合どうなるんだろう・・・
  • お願いするかどうかわからないけど・・・

お気軽にご相談ください!初回相談・見積は何度でも無料です。

土日夜間も対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

フリーダイヤル0120-021-796 TEL 075-354-3740

お問い合わせ