京都市 四条烏丸徒歩3分の司法書士・行政書士事務所です。
会社設立、建設業許可、融資、資金調達、相続などの中小企業・事業者の役所手続を得意としています。
〒600-8095
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

初回相談無料 予約で土日・夜間も対応

  1. 建設業許可を考えているなら、書類は大事に保管を!!
 

建設業許可を考えているなら、書類は大事に保管を!!

2015/06/29

建設業を担当している、大掛です。


建設業の許可を取るときに、ネックになる要件として「経営業務の管理責任者」の要件があります。

 

建設業について取締役や個人事業主として5年〜7年経営経験を要します。

この法律上の要件を実際には満たしているのに、これを証明する裏づけ書類がないが為に

許可を取ることができないという本当に残念な結果になってしまうことがあります。

 

裏付け書類としては

まず、経営に携わっていた事実を証明するために

会社なら役員としての5〜7年の任期が証明できる登記簿謄本、

個人事業をしていた方は、5〜7年分の確定申告書が必要です。

 

そして、本当に建設業を行っていたことの証明として

工事の契約書又は注文書と請書のセット等が5〜7年分(各年度に1件以上)必要です。

 

しかし、契約書があっても工事場所、期間、請負金額等の必要な事項が記載されていないと使えなかったりします。

 

建設業許可をお考えの方は、これらの書類を大切に保管されるとともに、契約書等の内容も確認して下さい。

 

当事務所では、契約書等の書類のフォーマットもご準備致しておりますので

「この書類で大丈夫かな?」と思われましたら、ぜひ一度当事務所にご相談下さい。

 

建設業許可については、こちらをご覧下さい。

 

まずは無料相談をご利用ください!

女性
  • こんな悩みあるんだけど・・・
  • ウチの場合どうなるんだろう・・・
  • お願いするかどうかわからないけど・・・

お気軽にご相談ください!初回相談・見積は何度でも無料です。

土日夜間も対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

フリーダイヤル0120-021-796 TEL 075-354-3740

お問い合わせ