京都市 四条烏丸徒歩3分の司法書士・行政書士事務所です。
会社設立、建設業許可、融資、資金調達、相続などの中小企業・事業者の役所手続を得意としています。
〒600-8095
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

初回相談無料 予約で土日・夜間も対応

  1. 代表取締役変更の決議ができない場合
 

代表取締役変更の決議ができない場合

2015/04/23

商業登記を主に担当している出口です。


 4月1日から新代表者に代わるというのはよくある事かと思います。ではそれが決まるのはいつ頃でしょうか。通常、数ヶ月前には会社内部で決まっているのではないでしょうか。但し、実際に新代表者に就任するには、当然選任決議が必要です。

 

 就任日より前に代表取締役の予選決議を行う場合で、決議機関が「取締役会」や「取締役の互選」の場合、有効に決議を行うには条件があります。それは、取締役全員に変動がなく、かつ、就任前一ヶ月以内程度であることです。

 

 つまり、下記のような場合は予選ができません。


2月の取締役会で4月1日からの新代表取締役を予選する

 → 一ヶ月以上前なので不可

 

3月31日時点で現代表取締役が役員を退き、4月1日から新代表取締役が就任する

 → 予選決議のときから取締役が減っているから不可

 

予選決議の後、新代表取締役の就任前に新しい平取締役が就任した

 → 予選決議のときから取締役が増えているから不可



 就任日より前に選任決議をされる場合はご注意ください。

 

 会社設立・法人設立は、こちらをご覧下さい。

まずは無料相談をご利用ください!

女性
  • こんな悩みあるんだけど・・・
  • ウチの場合どうなるんだろう・・・
  • お願いするかどうかわからないけど・・・

お気軽にご相談ください!初回相談・見積は何度でも無料です。

土日夜間も対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

フリーダイヤル0120-021-796 TEL 075-354-3740

お問い合わせ