京都市 四条烏丸徒歩3分の司法書士・行政書士事務所です。
会社設立、建設業許可、融資、資金調達、相続などの中小企業・事業者の役所手続を得意としています。
〒600-8095
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

初回相談無料 予約で土日・夜間も対応

  1. 休眠会社は解散・清算結了登記をしたほうがいいか?
 

休眠会社は解散・清算結了登記をしたほうがいいか?

2013/06/11

代表の谷口です。

 

長期間企業活動をしていない会社を、一般的に休眠会社といいます。

 

税金については休眠届を税務署等に提出する事によって、課税されない事が多いです。

 

このようなことから、解散登記や清算結了登記をせずに、休眠会社として放置されるケースが少なくありません。

 

しかし、休眠のままのでも役員の任期がくる事による登記はしなければなりません。

もし役員変更登記を忘れた場合、過料(罰金のようなもの)を払わなければならないことがあります。

 

また、休眠届を出していても税務申告は必要ですし、休眠届は法律上の制度ではなく、事実上の運用なので、必ず課税されないとは断言出来ません。

 

このようなことから、いずれ事業を再開される予定がないのであれば、休眠のまま放置されるより、きちんと解散登記、清算結了登記をされるたほうがいいでしょう。

 

解散登記、清算結了登記に必要な実費は下記のとおりです。

 

解散登記     登録免許税 39,000円

官報公告              約32,000円

清算結了登記  登録免許税    2,000円



会社設立・法人設立は、こちらをご覧下さい。

まずは無料相談をご利用ください!

女性
  • こんな悩みあるんだけど・・・
  • ウチの場合どうなるんだろう・・・
  • お願いするかどうかわからないけど・・・

お気軽にご相談ください!初回相談・見積は何度でも無料です。

土日夜間も対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

フリーダイヤル0120-021-796 TEL 075-354-3740

お問い合わせ