京都市 四条烏丸徒歩3分の司法書士・行政書士事務所です。
会社設立、建設業許可、融資、資金調達、相続などの中小企業・事業者の役所手続を得意としています。
〒600-8095
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル6F

初回相談無料 予約で土日・夜間も対応

  1. 株式会社設立の注意点(2)役員構成
 

株式会社設立の注意点(2)役員構成

2012/08/07

商業登記、不動産登記を主に担当している出口です。

 

お客様から「株式会社を設立したい。役員は身内のみで4名にしたい。」と相談があった場合、どのような役員構成が考えられるでしょうか?

 

一般的には下記のような役員構成で検討することが多いかと思います。
@ 取締役会は置かず、取締役4名 監査役は置かない
A 取締役会は置かず、取締役3名 監査役1名
B 取締役会を置き、取締役3名 監査役1名

 

当事務所では、@かAをお薦めしています。
なぜなら、取締役会を置いた場合、最低でも取締役3名以上、監査役1名以上が必要と定められているため、常に役員を4名以上置く必要があるからです。


設立当初は問題がなくても、時間が経ち、役員が辞めたり、亡くなられたりした場合、新しく役員になってもらう方を探すのが難しいこともあります。

 

もちろん、Bの場合でも取締役会を廃止すれば、4名以上置く必要は無くなりますが、役員の辞任等と共にに登記する場合、登録免許税が最低でも4万円必要となります。株式の譲渡制限の承認機関を「取締役会」にしている場合は、その変更も必要となるため、更に3万円必要となります。

 

その点、@Aの取締役会を置かない場合は、役員変更の登録免許税1万円で足りることになります。

 

大きな会社では、株主総会を開かずに取締役会で決議することができるメリットは大きいかと思いますが、中小企業で株主が少数の場合、取締役会を置くメリットは少ないのではないでしょうか。

 

会社設立・法人設立は、こちらをご覧下さい。

まずは無料相談をご利用ください!

女性
  • こんな悩みあるんだけど・・・
  • ウチの場合どうなるんだろう・・・
  • お願いするかどうかわからないけど・・・

お気軽にご相談ください!初回相談・見積は何度でも無料です。

土日夜間も対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

フリーダイヤル0120-021-796 TEL 075-354-3740

お問い合わせ